会員規約

  • HOME »
  • 会員規約

一般社団法人 確定拠出年金教育支援協会 会員規約

(名称)
第1条 当会は、「一般社団法人 確定拠出年金教育支援協会」と称し、略称を「DC 支援
協会」と称する。

(目的)
第2条 当会は確定拠出年金制度の普及と投資教育の支援を行い、その役割を担う人材を
養成・認証することで、一人でも多くの国民の中長期的な資産形成を支援し、社会全体の
利益の増進に寄与することを目的し、そのために下記事業を実施する。
(1) 確定拠出年金制度の普及活動
(2) 確定拠出年金制度に関する投資教育の普及活動
(3) DCコンサルタントおよ認定講師の教育と資格認定試験の実施
(4) 企業の福利厚生制度に関する研究・助言・提案活動

(会員)
第3条 当会の会員は,次の2種類とする。
(1) 資格認定会員は、当会主催もしくは当会認定教育機関によるDCコンサルタント養成
研修を終了し、当会の趣旨に賛同して入会した個人とする。
(2) 一般賛助会員は、資格認定会員の資格を保有しない者で、当会の趣旨に賛同して入会
した個人とする。

(入会)
第4条 会員として入会しようとする者は、入会申込書を代表理事に提出し、代表理事の
承認を得るものとする。

(会費)
第5条 会員は、別に定める会費を納入しなければならない。

(会員の義務)
第6条 会員は、他の会員の個人情報及び本会で提供された情報を厳重に取り扱うものと
し、当会にかかる活動目的においてのみ利用するものとする。

(届出事項の変更)
第7条 会員は、連絡先等に変更が生じた場合は、速やかに当会事務局へ報告するものと
する。

(退会)
第8条 会員は、退会届を会長に提出し任意に退会することができる。
2 会員が、次の各号のいずれかに該当するときは、退会したものとみなす。
(1) 本人が死亡したとき。
(2) 会費を納入しないとき。

(除名)
第9条 当会の名誉を毀損し、当会の目的に反する行為をし、会員としての義務に違反す
るなど除名すべき正当な事由があるときは、理事会の判断によりその会員を除名すること
ができる。

(幹事会員)
第10条 当会は協会の目的に賛同し、協会の発展に寄与した資格認定会員を幹事会員と
して認定する。既に幹事会員であるものが理事会に推薦し、代表理事が認定する。
幹事会員の任期は理事と同じ 2 年とする。

(事業年度)
第11条 この会の事業年度は、毎年8月 1 日に始まり、翌年7月 31 日に終わる。

附 則
この会則は,平成 30 年9月 1 日から施行する。

DCコンサルタント™のコラム

iDeCo(イデコ)加入者100万人突破

予想通り、イデコの加入者が100万人を突破しました。 (厚生労働省発表:2018年8月31日時点) https …

DC加入者は老後準備が進んでいる

フェディリティ退職・投資教育研究所の2014年の調査レポートをご紹介します。 テーマは『勤労者 3 万人の退職 …

~人生100年時代のプラニング~

人生100年時代。 とちまたでは言われるようになりました。本当にそうなのか?自分にとっての『老後』がいつから始 …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.